それを先に言ってヨ(イタリア旅行記5)

10月4日


★今日のオープニングはソリハシシギです。
 夏の終わりに谷津干潟で彼を見かけました。
 「君!あごが大変長いけど不自由じゃないかい?」 「オッサン!それはパワハラでっせ!」 「アッ!ごめんご めん」 でも「脚が長くて格好いいよ」 「それを先に言ってヨ
画像


★昨日は大学の校友会の総会がありました。
・総会には美術展が並催され、私は写真を10点出展しました。
 私以外の作品は油絵、水彩画、水墨画、書、陶器などが出展されており、いずれもが秀逸の作品ばかりです。
 中には文部科学大臣賞を受賞された方の作品も出展されており、その出来栄えには驚くばかりです。
 私は数で勝負しました。
一番右端の黒枠のフォトフレームが私の作品です。
画像

私の作です。
画像

・総会の方は問題なく終え、講演会、懇親会と楽しく楽しませて頂きました。


イタリア旅行記5

【4日目つづき】

・フィレンチェのドウモウの中は非常に広いです。
画像

ドウモウの正面扉です。
画像

ドウモウの内部です。
画像


【5日目】

・今日はバスで2時間かけてアマルフィー海岸に向かいます。
・ナポリ市内を走っているとヌーヴォ城が見えます。
画像

 行くまでの道中でソレント半島が見えます。
・実は出発の1週間前までアマルフィーに行くまでの道が土砂崩れのため通行止めになって  おり、復旧次第では 行けなかった可能性がありました。
 イタリア気質では工期という概念が無いので半ば諦めていました。
・しかし、奇跡的に道路が復旧し開通したのです
・アマルフィー海岸はソレント半島の南岸にあたり、半島の付け根にあたるヴィエトリ・スル・マーレから、アマル  フィを経て、西にポジターノへ至るまでの一帯がアマルフィ海岸の名で呼ばれているそうです。
画像

・ドウモウは小さな大聖堂ですが内部は立派です。
 ドウモウの外観
画像

 ソウモウの内部
画像

・ドウモウ観光後は2時間ほどの自由時間です。
 私たちは土産物屋でキャップを買いましたが、後で良く見るとmade in chainaと書いていました。
 この帽子も日の目を見ていません。
・ガイドさんからアイスクリームが美味しいと聞いたので食べました。
 言われた通り美味しかったです。
画像

★昼食はレストランで3種類のピッツアから好きなのを選べました。
 ・私と女房は違うのを頼んだのでシェアーして2種類の味を楽しめました。
 ・大量のサラダが出たあとにピッツアが出てきました。
  またこのピッツアの量が半端でなく多く、私ですら半分は残して「フィニッシュ」です。

つづく


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック