台湾再発見の旅#3(年いくと 有難くもない お正月)

2017年12月8日


今日の朝は特に寒かったです
最近は足が冷えて来てタイツにレッグウォーマー、ジャージ、ズボンを着ています。
下半身デブになり動きずらいです
久しぶりにマージャン教室に行って来ました。
頸椎症もあるので午前中だけにしました。
調子が良くて3連勝です

早いもので今年もあと3週間。
恒例の正月用食材を北海道の函館海鮮問屋から仕入れることにしました。
今年もタラバガニ3kg、生板ウニ、イクラ、冷凍イカ2本、数の子松前漬けを頼みました。
今年の正月用の酒は台湾で買って来た高級烏龍茶焼酎です

年いくと 有難くもない お正月

北印旛沼にはカモが大集結していました。
関ヶ原の合戦のように東西に数万羽が分かれて陣を敷いていました。
ヒドリガモも大団体です。

ヒドリガモ:「今年の紅白歌合戦 視聴率どのくらいになるかなぁ?」
ヒドリガモ:「毎年40%以上はあるから 今年もそのくらいかなぁ?」
ヒドリガモ:「大晦日に 総選挙があったらどうなるんかなぁ?」
ヒドリガモ:「ええ勝負するかも知れんぞ!」
画像


湖畔を歩けばマガモがビックリして飛び出します。

マガモ:「お~い! 北朝鮮がテポドン打ちあげよったぞ!」
マガモ:「なんや? テポドンって? 花火か?」
マガモ:「何やて? ミサイルやて?」
マガモ:「そんな金あるんか?」
画像

マガモ:「言うからカネあるんちゃうか?」
マガモ:「テポドンが迷子になってこっちに来よったぞぉ!」
マガモ:「みんな 逃げろやぁ・・・」
画像


台湾再発見の旅#3

台湾は全人口の2%ほどの先住民族がいる。
かれらは原住民と呼ばれており現代の社会では知的職業に就いているものはなく、ほとんどが肉体労働者やスポーツ選手のようだ。
台湾の野球選手はほとんどが原住民らしい。
巨人軍の陽 岱鋼選手も原住民のようだ。

日月潭の広場で原住民のダンサーが踊りを披露していました。
どちらかと言うと色が浅黒い。

画像


文武廟から見た日月潭

日月潭は月と太陽に見立てた自然の湖です。

画像


赤嵌楼はオランダ人が建てた城です。
台湾は400年ほど前まではオランダ人が統治していた国で、台湾としての歴史はまだ400年ほどしかない。

画像


城の屋根には鯉と思われる魚の彫り物が置かれている。
ガイドさんの説明によると火事になった時に鯉が口から水を出して火を消してくれるためらしい。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック